40代後半ともなれば当然、誰でも体に不調が来ます。この先、まだ老いていく現状・・・将来病院通いにならないために、今からでも遅くない私の飲むおすすめの「フレッシュフルーツ青汁」を選んだ訳とその結果を共にご紹介します。

常に野菜不足の解消を補うために

私が青汁を飲み始めた理由、仕事の関係でいつ食事がとれるのかわからない状況でした。食生活は正直、不規則でした。

昼食を外食やコンビニ弁当。昼休みの時間がなければ昼食を抜くときもしばしばあり、一緒に仕事をしているメンバーは、私の異常なまでの食生活にビックリ。

そんな食生活では当然のことながら、野菜不足で体の調子も悪くなり、体は日々の仕事での疲労の蓄積がたたり、疲れは取れない。ボロボロな悲惨な状況でした。会社の健康診断でも、毎年要注意ばかり。

健康診断の再検査に行けば、「食生活の改善」を毎年促される始末。

ある時、悲痛な私の体の悩みを、看護師の友人に相談してみました。彼女は看護師「私も仕事柄、食事が不規則だから、野菜不足なのよ。野菜不足解消のために青汁を飲んでいるの。

あなたも飲んでみたら」と「フレッシュフルーツ青汁」を紹介してくれました。その時に彼女自身が常にバックの中に入っている「フレッシュフルーツ青汁」の分包を数包分けてくれました。

正直、青汁をもらった当初、「青臭くて飲みにくいものではないか」と不安に思いました。また、大学時代栄養学を学んでいたため、1日この一包でこの量でホントに改善できるのかと不安にも思いました。

勇気を振り絞り、「フレッシュフルーツ青汁」をミネラルウォーターに混ぜて飲んでみました。飲んでみると、思いのほか美味しくてバナナ風味の味!これなら、ずっとのみ続けられると思い、ずっと飲み続けられそうな青汁に出会い、感激しました。

飲みやすくて、栄養価の高い青汁を選ぶ

「フレッシュフルーツ青汁」は、野菜の足りない私の体を補うビタミンやミネラル等の栄養素の含まれる栄養価が高く、100mL の水に溶かせばいいだけです。

また、1包当たり9.95Kcalと低カロリーです。季節時々の環境によって失われるビタミンB等の補給が出来る栄養素が含まれています。

青汁は、水や緑茶に溶かせば、すぐ飲めます。私の場合、常に、「フレッシュフルーツ青汁」の分包を持参しています。のどが渇いて、持参した水稲に水や緑茶の入れたものにも、青汁を投入して、飲む直前によく振って飲むこともします。

青汁が分包であれば、常に持ち歩けいつでもいつでも、低カロリーで栄養補給が出来ます。外食して野菜を食べるよりはるかに簡単です。

青汁は長く飲み続けなければ意味がない

青汁を長期間で飲み続けるには、飲みやすく栄養価の高い青汁に出会い、飽きない飲み方をすることがポイントだと思います。短期決戦で、青汁に効果を求めていてはダメです。何せ、青汁は医薬品ではなく栄養補助食品なのです。

「フレッシュフルーツ青汁」を飲み続け初めて数日後、水や緑茶に溶かしてばかりではなく、ヨーグルト・豆乳・野菜ジュース・飲むヨーグルト・スープ等の素材に混ぜ合わせてみました。

この組み合わせは、どうかなあと思った青汁との組み合わせですが、思うよりもかなりおいしいです。デザートのような感じです。私は、ヨーグルト系に混ぜたものが好きです。

青汁で腸内環境を整えると、ダイエットにつながる

「フレッシュフルーツ青汁」に含まれている原材料を見ると、多くの野菜(キャベツ・明日葉・にんじん・ブロッコリー等)や果物(パイナップル・ぶどう・パパイヤ等)の食物繊維の多いものが含まれています。野菜や果樹の多くには多くの酵素が含まれています。

食物繊維も多く含まれています。体内のデトックスになる可能性も多いですよね!

ダイエットしている方にお勧めなのは、ダイエットしていて、気が付かず減っている栄養素は、糖質、カルシウムとタンパク質等です。

「フレッシュフルーツ青汁」にも、良質なカルシウムとタンパク質が含まれていますが、青汁とヨーグルト系に混ぜるとカルシウムが比較的簡単に豊富に取れます。

カロリーを考えないのであれば、乳脂肪が多いですが牛乳に混ぜる。良質な動物性たんぱく質が同時に取れます。カロリーを気にするのであれば、豆乳に混ぜると大豆の良質な植物性たんぱく質も豊富に取れますし、普通の牛乳よりもカロリー控えめになります。

私がダイエットになると実感したのは、以前は、¥便秘と下痢を繰り返していたのですが、「フレッシュフルーツ青汁」を飲み始めてから、「フレッシュフルーツ青汁」に含まれている食物繊維で、快便になり、「最近体が軽いと」感じるようになりした。

食生活は、以前とは変わらないです。青汁を飲む習慣を付けただけで腸内の宿便が出やすくなり、現実、体重計に乗ってみると思いのほか、体重が減っていたのです。結果的にダイエットにもつながったのです。

しかし、私は、腸が弱いので、快便状態ですが「フレッシュフルーツ青汁」を1日に多く飲むと便意が近くなり、一時、便が、軟便になりました。体の状況を見ながら、素材の量を増やすなりして、調整をしています。

青汁を使って、ファスティングをする

いま流行のファスティングも、栄養価の高い「フレッシュフルーツ青汁」を使うことで可能です。酵素を使ったファスティングが周流ですが、酵素を使わなくても、3食「フレッシュフルーツ青汁」を用いて、豆乳や飲むヨーグルト等を使い行えば、野菜不足を補いつつ、ファスティングできます。

私は、青汁で月に一度、ファスティングを行っています。実感としては、腸のデトック効果と内臓機能をやすませるので、やはり、体が軽くなり、体調も良くなり、結果的に体内の断捨離を行います。週末などの会社がお休みの時には、おすすめです!

青汁飲んだ結果・・・私の場合こうなった!

私は、ダイエットを目的で、飲んだわけではありません。野菜不足の食生活の改善のために、「フレッシュフルーツ青汁」飲み始めました。結果的に、40代になり寝てもなかなか疲れが取れなくて悩んでいたのですが、「フレッシュフルーツ青汁」を飲み始めて、疲れが取れやすい体質になり体調もよくなりました。

「フレッシュフルーツ青汁」を飲み始めて、最初にあった健康診断を先日受けました。毎年行われる健康診断で、いつも「要注意」で「要再検査」あったのが、今年は、驚くことに、再検査なし!でした。会社はビックリしますよね。「何かしたの?」が同僚の言葉。

ここ数年来「要再検査」だった私が、「検査結果が悪かったら、一緒に再検査に行こうがお約束だった」のに約束を出し抜きある日突然「要検査なし」といわれたのです。再検査が無くなり同僚にも教えてあげました。「フレッシュフルーツ青汁」のことを。

体質の改善になっているかはわかりませんが、青汁を飲み続けることで、これだけ体調が変わると実感したことはありませんでした。

若いときみたいに基礎代謝があればいいのですか、太るとなかなか体重が落ちなかったのですが、青汁効果でしょうか体重も減りダイエットにつながったと思います。

私は、これからも「フレッシュフルーツ青汁」飲み続けていきます。だって、これだけの効果があった結果があるのだから。

もし、今あなたが青汁を飲もうと思うのであれば、長期的に飲みやすい青汁をインターネット等どこでも買える環境のものを見つけることが賢明だと感じます。